2005年08月25日

紫水晶 第二章_変貌5

■前回のあらすじ  読み直して見る?


 生徒会長と副会長。

 容姿に恵まれ、性格も良い。

 そんな彼らは皆からも慕われている。

 彼らは、私とは違う人種なのだ。


 揚羽はため息をついた。




ふと、たくさんの視線を感じて私は顔を上げた。

いつも通りの通学路。

だが道行く人が皆、私に注目していた。

愕然として立ち止まる。見間違いなんかではない。

辺りを見渡すと、一人も除くことなく全員の目が私に注目していた。

その場にいる全員の目がだ。

そんな事がありえるわけがない、とそう思うのが普通じゃないか。

私も今までそう思っていたし、これからもそうなんだろうと思っていた。

こうして実際にその光景を目のあたりにするまでは。

しかも、その目はいつも私が思われているような変わってるとか、

暗いとかそう思っているような目ではなかった。

まさに、皆が生徒会長と副会長を見るような目だった。

あの、格好いいとか素敵とか、憧れの眼差しだった。

だが、ランクが違いすぎていた。

誰か一人でも私に声をかけたり、近寄ったりしようものなら、

その場にいた全員が我先にと私を連れ出そうとするような意志の表れが

見て取れた。

それぞれの手が、他の妨げをかわし私を狙うようにせわしなく動いているし、

目も隙を見せようものなら先に動き出せるように見開かれていた。

私はその周りの変貌振りに、頭の中が真っ白になっていた。


(何・・・?一体、何が起こってるの?)


私は全然理解出来ずにいた。

注目されている事で気が動転している事もあり、

何も考えられないでいたのだ、この時は。

ただ、恐怖が体を支配していた。

一刻も早くこの場から離れたかったが、体が微動だにしない。

目をそらす事もかなわずに、

私は見開いた目から流れ落ちてくる涙もそのままに、

彼らが少しずつ近づいてくるのをただただ見ている事しか出来なかった。

この時、彼女は思った。誰か、誰でもいい、助けて欲しいと・・・。


   誰も信じられなかった彼女が、自分から人を求めた瞬間。


その場を動けずに立ち止まっていたせいで、

彼女の周りにはおびただしい人の塊が出来てしまっていた。

彼女はもう、限界だった。

足元もおぼつかず、自分が今立っているのかさえも分からなかった。

そして気を失いかけた、その時だった。


「何の騒ぎだ?」


「うちの学校の生徒の周りに人が集まってるんだ。何か、様子が変だな。」


と言う、男子二人組みの話し声が彼女の耳に届いた。

唯一の、このまともそうな声に彼女は顔を向ける。


(あっ・・・・。)


彼女は混雑の中に、二つの影を認めた。

この混雑した中でもはっきりと分かる、存在感あふれるその姿。

そう、その二つの影はあの生徒会長と副会長、その人だった。


面白かったらクリッククリック♪


人気ブログランキング / 学生ブログランキング



posted by 霧沢美咲 at 17:48| Comment(5) | TrackBack(0) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。
ちょっと旅に出ていたもので(^_^;
読んでなかった分を読ませて頂きましたがいいですね♪特に小説はかなり上手く書けているんじゃないでしょうか。僕も小説書こうかな〜☆
Posted by てっちゃん at 2005年08月25日 21:43
('-'*)オヒサ♪です
この小説もなかなかおもしろいですね^^
早く続きが読みたい〜〜(*゜▽゜)ノ
また来ますね〜〜
では、では(* ̄▽ ̄)ノ〜〜 マタネー♪
Posted by みーこ at 2005年08月26日 01:36
揚羽で広いあらすじなど慕われている
広い容姿をため息するはずだったの♪


Posted by BlogPetのわん☆ダッフル at 2005年08月26日 09:23
どうも、お久しぶりです〜♪
旅行にいってらしたんですね☆
おかえりなさい!

わぁい♪小説上手く書けてます??
良かった〜。
中学生の時に書いた奴だから、凄く幼く稚拙で恥ずかしかったんです…^^;
けど、まだ大丈夫なのか!

てっちゃんさんの小説、
楽しみにしてますよ!(笑)
Posted by 美咲〜てっちゃんさんへ at 2005年08月26日 15:49
面白いですか??
ありがとう御座います〜〜♪
そう言って頂けると嬉しいです☆

どんどん続きをUPしていきますね!
お楽しみに☆
Posted by 美咲〜みーこさんへ at 2005年08月26日 15:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。