2005年09月21日

道化師

今回の曲は、歌詞付です☆
これも以前に「詩のようなもの」に載せてたりします。
今度、MIDIも載せますねと言っていたんですけれど
お約束どおり、載せますよ〜☆

良かったら、感想お願いしまーす^^



↓よりどうぞ♪

道化師







面白かったらクリッククリック♪


人気ブログランキング / 学生ブログランキング



■ 歌詞 ■


(前奏)

目を開ければそこにある君の笑顔
それが嬉しくて何度も通い続けた日々
色あせた日常の中君と過ごす時間それだけが
今鮮やかに色づき浮かび上がる

  口を開けば冗談ばかり そうしてきたのは私自身
  ただその中にある真実の想い(カケラ)伝わっているのでしょうか





気が付けば桜振る時期はもう春
新しい始まりは何度も経験してきた年月(とき)
今までに沢山の出会いはあっただけど今
君と出会えた喜び噛み締めている

   口を開けば冗談ばかり そうしてきたのは私自身
   だけどそこにある君の笑顔を守れるのならそれでいいのかもね







 私はおどけた道化師 笑いを運ぶのが定め
 痛みも悲しみも曝け出してはいけない
 桜吹雪が散り 暗闇の幕が下りるまで
 演じて見せましょう すべては君のため

 桜吹雪よ降れ 暗闇の幕が下りるまで
 隠してくれませんか 頬を伝う涙を





この曲のイメージは、「隠された思い」です。


posted by 霧沢美咲 at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 自作曲サンプル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。