2005年11月11日

Spirit☆Form 暗闇の中で 2


    ざわつき出した雰囲気に

    沙希は不安やとまどいを隠せない

    一体何が起ころうとしているのか!?

    続編です!    

ふと、近くで何かが蠢いた気がして沙希はビクッと振り向いた。

目の前には変わらぬ闇が続くだけ。沙希は首を傾げる。



(…可笑しいな。
 
 確かにさっき何かが蠢く気配がしたと思ったんだけど…。)



何の気配も感じないし、気のせいだと思うのだが

何やら言い様のないモヤモヤ感が沙希を包んでいた。

本当に?本当にここには誰もいない…?

芽生えた不安を拭いきれないまま、沙希の心にしこりを残す。

今まで何ともなかった静けさがやけに重く感じられた。



沙希がこわごわと辺りを見渡していると、

その直後に、今度はすぐ近くに先程の気配を感じた。

背中越しに伝わってくる身の毛も凍るような冷気。

それが沙希の体に纏わりつく。



「うわああああああっ!?」



静寂を破り沙希の悲鳴がこだまする。

目を大きく見開いて振り向いた沙希の目には、

相変わらず何も移されぬままだった。

だが″そいつは確かに存在している。

理屈抜きに感じる。

目に映る事のない姿無き影________



いつの間にか、

滲み出た汗で沙希の服はびっしょりと濡れてしまっていた。

恐怖ですくむ足を必死の思いで奮い立たせ、

沙希はいち早くそこから逃れるように身をよじり駆け出した。

だが、体は言う事をきかず、

そのまま足をもつれさせて転倒してしまう。

そんな沙希を愛しむように、影は彼を包み込む。

濡れた服を通じてより一層冷え切った空気が

沙希の体から熱を奪っていくようだった。

体中が痺れを帯始めてゆく。

とびかける意識を必死の思いで繋ぎ止めながら、

沙希はかすれてしまった声を絞り出した。



「…お前はいったい何者なんだ!?目的はなんだよ!

 来るな…、来るなよ…聞こえないのか!?
 
 こっちに来るなって言ってるだろ!

 俺に近づくなー…っ!!」



一気に言葉を吐き出し、

ギラつく視線を向ける少年に、影はざわめいた。





面白かったらクリッククリック♪


人気ブログランキング / 学生ブログランキング



posted by 霧沢美咲 at 08:39| Comment(2) | TrackBack(0) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんはーっ!!!
今日も美咲さんのファンタジーの世界堪能させて頂きましたwごちそうさまー(何
え・・・?何?影?!
それはおいといて。一つ読めない漢字があって大変でした(馬鹿

・・・・・・・・いえ、悠はですね・・・・これからもっとイヂメてイヂメてイヂメ倒すつもりです(汗
そいえば、宿題小説。漢字を間違えすぎて再提出になりました(泣
でわーお休みなさいー( p_q)コシコシ 眠い・・・
Posted by 紗椰 at 2005年11月11日 22:04
いらっしゃいませ〜♪
今日も感想をどうもありがとう御座います!
読めない漢字ですか?蠢いた(うごめいた)かな?
PCは変換すれば難しい漢字も書けちゃうから便利だよね。
(それと同時に危険も含んでいますが…)

あらまぁ!悠君はイジメキャラですかぁ!
笑顔が可愛い少年は私好きなので、ちょっと同情…(笑)

宿題、お疲れ様です!漢字は今後も大切かつ必要な力なんで
めげずに再提出、頑張って下さいね^^
ではでは。
Posted by 美咲〜 紗椰さんへ at 2005年11月12日 13:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。