ここでは、自作の作品を載せていこうと思っています。
 不器用なのは自覚していますが、
 創作自体は、私割りと好きなんです☆
 それに作り上げた時の感動は
 何ともいえず嬉しいものです^^


 もっと詳しい内容については
 こちらをお読み下さい♪


 リクエスト受付始めました☆

 もっと詳しい内容については
 こちらをお読み下さい♪


  新着記事はこの下になります



バナーを作ってみました♪

memory_banar2.jpg

この他のバナーはこちらになります。


☆お勧め アクセスUPツール☆

 ・ブログホイホイ   お勧め★★★★★
 ・trafficPanic.Com  お勧め★★★★


お絵描き掲示板


このページの一番下までスクロールすると
ペット達に会えますよ☆

・プログペットこうさぎ
・メロメロパーク
・HarBot
・ココア・アイランド
・フレンズタグ



2005年09月17日

朝日と共に

今日は、私が作ったMIDIを載せてみたいと思います。
とはいっても
ずーっと昔に作ったものをひっぱり出してきただけですけれども(汗)

「それ、もう前聞いたよ。」

という方も、中にはいらっしゃるかもしれませんね。

まぁ・・・、次のお話考えるまでのつなぎです。
しばらく小説はお休みして、
過去のMIDIで行かせて貰う事になるかもしれません〜。
ご了承下さいませ☆



えーと、このMIDIの曲名は『朝日と共に』です。
「一人の少年が朝日の中を旅たった!」
というイメージで作りました。

割かし、良い感じに仕上がったのではないかと
思うんですけれど・・・如何でしょう?



MIDI「朝日共に」



続きを読む
posted by 霧沢美咲 at 17:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 自作曲サンプル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

紫水晶 終章_その後と真実

■前回のあらすじ  読み直して見る?

 父親とも別れを告げて、エリウッドは再び独りになる。

 だけど、寂しくは無い。新しい友達がいるから。

 彼らとはこれからもずっと友達。


 安藤真由子がいた場所に落ちていたという紫水晶。

 それをぎゅっと握り締め、エリウッドは


 「ありがとう」

 そう笑顔で頷いて、空へと飛び立っていった。


続きを読む
posted by 霧沢美咲 at 10:13| Comment(8) | TrackBack(0) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月14日

紫水晶 第十一章 瞳に込められた想い

■前回のあらすじ  読み直して見る?

 怒りに囚われ、攻撃を繰り出してくる彼女を止めた影

 黒いフードを身に纏い、手には大きく鋭い鎌が握られている。

 死神だ。

 だけど、フードの下から表れた顔に 何人かは衝撃を受けた。


 新たな出会いと共に、悲しい別れがやって来る。

 さようなら。


続きを読む
posted by 霧沢美咲 at 09:12| Comment(2) | TrackBack(0) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月13日

紫水晶 第十章_意外な出会い そして別れ

■前回のあらすじ  読み直して見る?

 安藤真由子の回想の中、突然な天候の変化。

 そして、例の池に現れた女の影。

 憎憎しげに声を荒げる彼女を傍に

 竜也は、5歳の頃の飛行機事故を思い起こす。


続きを読む
posted by 霧沢美咲 at 10:11| Comment(8) | TrackBack(0) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月12日

紫水晶 第九章_明かされた謎

■前回のあらすじ  読み直して見る?

 彼女、安藤真由子はただ一人、

 精進の社のお堂の中に閉じこもっていた。


 こんな姿になってしまっては、出て来れないのも無理は無い。

 だけど、腕の中に抱かれる彼女は、

 何故か 以前の美しい時の少女のように見えたんだ。


続きを読む
posted by 霧沢美咲 at 10:10| Comment(4) | TrackBack(0) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

紫水晶 第八章_再会

■前回のあらすじ  読み直して見る?

 再び夢の中に少女が現れて、揚羽の瞳も元に戻ったようだ。

 だが・・・未だ謎は残っている。

 安藤真由子も何らかの事件に巻き込まれているというのなら

 僕達は、最後まで見届けようと思う。


続きを読む
posted by 霧沢美咲 at 09:09| Comment(2) | TrackBack(0) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月09日

紫水晶 第七章_再び表れた少女3

■前回のあらすじ  読み直して見る?

 夢に再び表れた少女、

 そうか、彼女が安藤真由子さんなのか。

 だけど、彼女のこの変貌振りは何・・・!?

 揚羽の抱く疑問に答えようともせずに

 少女は呪文らしきものを唱える。

 再び目を襲う痛み。

 だが、しっくりはまるような感覚に、揚羽は笑みをこぼした。


 元に戻ったんだ・・・!!


続きを読む
posted by 霧沢美咲 at 09:08| Comment(2) | TrackBack(0) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

紫水晶 第七章_再び表れた少女2

■前回のあらすじ  読み直して見る?

 
 取り乱した彼の事を思い出すたび

 ポッカリ穴が空いたかのように、寂しさを感じるの。

 胸に苦しさを伴いながら

 揚羽は眠りについた・・・。




続きを読む
posted by 霧沢美咲 at 08:06| Comment(3) | TrackBack(0) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月07日

紫水晶 第七章_再び表れた少女

■前回のあらすじ  読み直して見る?

 安藤真由子の行方不明の話を聞くや否や

 声を荒げ、取り乱す優也。

 とんでもない自体が起こっているのは確かだけど

 それでも、この取り乱し方は何だろう?


 分からない事だらけだけど、進むしかないんだ。


 さてさて、彼等には一体

 どんな運命(あす)が待っているのやら・・・。


続きを読む
posted by 霧沢美咲 at 08:05| Comment(2) | TrackBack(0) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

紫水晶 第六章_新たな仲間3

■前回のあらすじ  読み直して見る?


 竜也と結城は聞き込みから帰って来た秀美から、

 衝撃の事実を聞かされた。

 

 少女だとばかり思っていた秀美は実は少年だったという事。

 そして、もう一つ。

 似顔絵の少女は、ここ最近から姿をくらましているという事を


続きを読む
posted by 霧沢美咲 at 10:04| Comment(4) | TrackBack(0) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。